アカプログ

カテゴリ:バルカンの日々( 7 )




きれいなもの

d0059556_2215864.jpg
d0059556_2234524.jpg


これ全部ゴミです。

Tiranaの街を歩き回ったって、ほとほと疲れた時に見下ろした橋の下。

綺麗すぎる。
キラキラすぎる。

これ全部ゴミです。


d0059556_17164829.jpg

[PR]



by aka_pro | 2009-08-18 05:18 | バルカンの日々

昔のアイツは So Cool!

d0059556_2320146.jpg

d0059556_23214721.jpg


アルバニア、ギロカストロで毎日食べていたのは、
近くの商店で買う15円程度のアイスバー。
その名も「So Cool」。
ミルク味とチョコ味とイチゴ味と何だかミドリ味があって、安っぽい袋に入っている。

いやあ、これが何故か美味しくって、はまった。

アルバニアに行く時に、決まってヨーロピアンの友達には、
「なんで?アルバニア(なんかに)行くの?」という顔をされたものだが、
そのとき苦し紛れに言ったのが、
「いやああそこは30年くらい前のヨーロッパじゃないかなあと思って」。
そういうと、何となく納得して頂けた物だ。

まさにこのSo Coolも、「昔の味」がするアイスだった。
アイスクリームとかじゃなくて、ラクトアイスか氷菓レベルの。

私の中ではどんぴしゃで、昔よく食べた「チューリップ型のアイス」の味だったんだけど。

これです(イトー画伯)。

d0059556_23285463.jpg


美味しかったなー。
また食べたいなー。

ちくしょー写真も撮り忘れたなー。
まーいっかー、全ては思い出の味ということで。

So Cool!!

d0059556_23373668.jpg

[PR]



by aka_pro | 2009-08-16 23:31 | バルカンの日々

父と息子

d0059556_17492671.jpgd0059556_17495567.jpg
d0059556_17512868.jpg


スコピエ→ベオグラード間の移動は、電車。
1週間前に逆ルートを夜行で移動した時は普通に出発が2時間遅れ、
到着が4時間遅れたそういう電車だ。

基本こちらの電車やバスは払い下げ車が多いのか、車両のクオリティーや古さは
あくまでもバラバラであり、今回の電車は意外と新しく、なんと冷房まで効いている。
たとえ何事もなく進んだとしても10時間の列車の旅だ。読破した1Q84をまた
最初から読むと言う、究極の時間つぶし作戦に入る。

そんな私の耳に入って来たのは、斜め前に座るイギリス人親子の、
普通の会話以上のボリュームで届く不思議な会話だった。

初め二人はそれぞれ別の座席に座っていたので、同行者だと気づかなかった。
しかしどうやら、父(推定70代)息子(推定40代)の二人旅のようだった。
しばらくすると、息子の方は神経質そうだとか(トイレにお徳用お尻ふきを持参)、
お父さんはどうやら少々痴呆がはじまっているようだとか事情が分かって来る。

「ベオグラードには何時に着くんだ?」
「何か変な音がする、あれは何だ?」
繰り返されるのは父親からの2つの質問だった。

息子は全てにイライラし、そしてどこかで何かを諦めている。
それが彼が父と旅をする際にたどり着いた、「方法」だった。

あまりにも到着時間を気にする理由は、どうやらベオグラードで乗り継いで、
クロアチアのザグレブに行きたいからであるようだった。
コンダクターが通る度に、「何時につくんだ」と質問しては、
「分からないよ」と言われる。その繰り返し。

まあ「分からないよ」と答えるコンダクターもコンダクターだが、
実際この国の電車は、時刻表があってない様な物。
国境越えもあるし、「分からない」というのは精一杯誠実な返答だった。

そして、夕方6時半、電車はNisという駅に到着。そこでは珍しくしばらく停車していた。
すると、駅のホームの時計を見た父親の方が
「あれ?いったい今は6時半なのか?7時半なのか?」と騒ぎ始めた。
まずは息子に聞き、そしてその後も周りの若者に聞いて回る。
どうやら、しばらく前の駅のホームの時計が同じく6時半だったらしいのだ。

ひとしきり周りに確認した父親はまた息子に聞く。

「おい、6時半じゃないか!」
「ああ、ここでは時は後ろ向きに進んでいるんだよ」

会話終了。。。。。。

ふ、深い!深すぎる!


さて、その5時間後、電車は無事にベオグラードに着いた。
親子は翌朝5時の電車でザグレブに行ったのだろうか?
その後彼らの時計は前向きに進んでいるのだろうか?



d0059556_21274961.jpg

[PR]



by aka_pro | 2009-08-11 21:51 | バルカンの日々

ガビ 

d0059556_07463.jpg

d0059556_11514.jpg


13:11発のベオグラード行き電車を、スコピエ駅1番ホームで待っていた。
午前中に頭痛が始まり、珍しくのむことにしたバファリンがちょうど効いて来た頃、
あまりにも馴れ馴れしく、そしてあまりにも発音のいい英語で話しかけて来る女の子がいた。

「ハーイ!元気?」から始まって、
3分も経たない間に、彼女の両親、妹、祖母の名前、彼女の大好物まで知ってしまった。

ちなみに、彼女の名はガビ、7歳。
妹は、ヴィッキー5歳。
父、トム。母、ジュリア。祖母(母方)、ババルーバ。
大好物は、ジェリークッキー。

そしてこちらも質問攻めに会う。名前、おばあちゃんの名前、そして質問がなくなると、
「マヨネーズは好きか?」という、それを知ってどうするのか?という質問まで。
しかも、会話中にも周りを通る人みんなに「ハアーイ!」と声がけを忘れない。
まさにセルビアのよつば発見です。

しばらくすると、「おお、英語でしゃべっているのか?」という、またまた久々の流暢な英語が。
どうやら売店に買い物に行ってた、ガビの両親と妹らしいことが判明。

「あ、あなたがトムで、あなたがジュリア?」というと、
一瞬びっくりした顔をして、「ああ、ガビか。なんでも喋っちゃうんだよね〜」と。

カナダに住んでいる為、9年ぶりに帰国したというご家族だった。
いろいろな意味で世界は近くなったけど、まだまだ時間がかかる所もある。

ガビみたいな子供なら乗り越えられる距離もあるかもしれない。
出会った人の名前を知って、
誰かにジェリークッキーを好きなことを伝え、
誰かがマヨネーズが苦手なことを知るのは、
ささやかすぎるにしても、「毎日世界が広がっている」ことなのかもしれない。


d0059556_17332487.jpg

[PR]



by aka_pro | 2009-08-11 00:59 | バルカンの日々

旅人たちと

d0059556_17554151.jpgd0059556_17562515.jpg

d0059556_17583523.jpg


旅で会うのは、
ローカルの人。交通機関の人。そして同じく旅人の人。

特に、まだまだ情報の乏しい国の旅人たちは、お互いに交わす情報で助け合う。

今回もドイツ人のマッセルくんには助けられた。
山道バスに7時間以上揺られてヘトヘトでたどり着いた、Tiranaで、荷物を
おろすと、早速翌日の朝のバスの予約に走る。
たよりの情報は、「朝9時に出るバス」という情報。
しかし、何故か尋ねる人がみな口を揃えて、

「バスは7時。夕方7時一便よ。」と。

ということは、帰りの飛行機の都合も考えると、今日の宿をキャンセルして、
夜行バスに乗る?あるいは明日の夜行に乗る?
あるいは、飛行機を急遽とるの?あああああーもうわっかんない!

正直どうしたらいいのか分からないまま、すごすご宿に帰り、
「あのーすまんがー、どうやら今夜は泊まられへんみたいでのー。
すまんのー。キャンセルできるかのー」と話し始めた。

対応してくれたのは、11歳の長男。英語が出来るため夏休みの昼間は
客人の対応を一気に引き受ける強者だ。

しかしそこで、ちょうど受付に居たドイツ人のマッセル君が、
「どこ行くの?ちょうど僕もバス会社に行く所で、そこには多分あるはずだけど」と。
手持ちのlonely planetで、いろいろ確認をしてくれた。

結局はその彼のおかげで、翌日朝のバスが無事に取れ、
彼の夜行バスまでの間、コーヒーをお礼におごらせてもらいながらお互いの
話をした。

「明日は、夜行列車でベオグラードに行くのですよ」と話始めた所、
トルコで2年間学びに行く為の移動中と言う彼は、つい先日夜行列車で、
マック、デジカメ、ハードディスク全て盗まれたと言うではないか!
しかも、居合わせた人がほとんど盗まれていて、しかも眠ったのはたった
1時間ほどで。どう考えても催眠ガスを使ったプロの仕業だと、そして
コンダクターもグルの仕業だと。

。。。。。。。。。。。あのー。怖いんですけど。

話には後日談があって、彼の友人がある日、スカイプ上に盗まれたはずの彼の
ドメインでスカイプインしているのを見つけた。「おかしい!」と思って、
チャットすると、それはその盗品を買ったと言うクロアチア在住の男性で、
「500ユーロでストレンジャーから買った。もし買い戻したかったら500ユーロでどう?」との事!

嘘の様な本当の話。

そして結局、夜行列車に乗るのは止めて、昼間の列車にしましたよ。
ええ、チキンですから。

d0059556_0295551.jpg

[PR]



by aka_pro | 2009-08-10 17:59 | バルカンの日々

イケメンドライバー

d0059556_17362327.jpg

d0059556_17475671.jpg


3日間滞在したギロカストロ(アルバニア)を後にして、アルバニア首都のティラナに
またバスで戻る。

アルバニアには「バスステーション」がないそうで、大きめの道ばたに立っていると、
多くのバスが前方に行き先の書いたカードを載せて通りかかるので、めざとく目当てのバスを
見つけて、乗せてもらうしかない。

「Tirana」表記のバスを待つ間にも太陽はどんどん強さを増し、既にスッカリ日焼けした35歳の
肌にまた容赦なく差し込む。

そこに「Vlore」という行き先のミニバンが止まって、イケメンドライバーが声をかけて来た。
「どこまで行くの?」「ティラナ」
「…、Vloreまで僕のバスで行って、乗り継がない?」「え?」

どうやら、あるジャンクションまではそのミニバンで行き、その地点には
いろいろな地域からのTirana行きバスが合流するので、結局一番効率が良さそうだということだ。
値段も一緒だと言うし、英語の通じるイケメンドライバーだしと、乗ることにした。

しばらくの間はバンも満員で、山道を大型バスに比べ速いスピードでガンガン進む。
そのうち乗客は降りて行き、私たちと親子連れ、友人の結婚式行きの為の男性になった頃から、
彼の弾丸トークが始まった。

27歳。大学で法律を勉強中。
子どもの頃は、共産政権まっただ中で、両親の勤務先の工場の義務として、
ガスマスクをつけて、武器トンネルの掃除とかしたこともあるそうだ。

基本は多くのアルバニア人と同じく、まだまだ綺麗な目でアルバニアの未来を、
「憂う」よりも「望んで」いる。

バスは山道をガンガン飛ばし、後ろの子供は完全なる車酔いで、
ゲロゲロはいている中、

「日本かあ、行きたいけど、地震が恐いなあ」
「…このバスの揺れからすれば、慣れたもんじゃない?」
「あ、そうか。アハハハ」

彼の笑顔はどこまでも明るい。

ジャンクションについて、バンを降りると、

「気をつけて、良い旅を! そして(旅に)アルバニアを選んでくれてありがとう!」

綺麗な言葉だ。

アルバニアの人々は、外から来る人に「オラが街」を気に入ってほしい。
オラは国の代表としてあっているんだ。という気概に満ちている。
それは鎖国が終わってまだ10年という、国としての若さや貧しさなのかもしれないけど、
でもなんとキラキラしていることか。

イケメンは、最後にもっと素敵に輝いてミニバンに乗って去って行った。




d0059556_19121159.jpg

[PR]



by aka_pro | 2009-08-09 17:39 | バルカンの日々

バルカンなのダ!

d0059556_1883629.jpgd0059556_1810339.jpgd0059556_18112015.jpgd0059556_18145747.jpg

d0059556_18204438.jpg


行ってきました。
初バルカン。
飛行機とバスと電車で、合計四カ国も。

12日の旅で読み切ったのは日本で話題の「1Q84」。
旅行中に読む為に、アマゾン→実家経由で、到着後1ヶ月以上我慢してました。

日常の雑事にまぎれることなく、グイグイ読み切る快感と寂寥感と。
続きがあるなら、またどっかに旅行に出て、そういう風に読んでみたい。



d0059556_18251276.jpg

[PR]



by aka_pro | 2009-08-01 18:00 | バルカンの日々

アカプロのブログ
by aka_pro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧