アカプログ

<   2006年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧




怒り②

あ~勢いに任せて「怒り」を書いてしまった。
消そうかなと思ったけど、「怒った」事は事実なので
そのままにする。でも代わりに、「怒り」を他のエネルギーに
変えてみる。

日本語で「怒り」英語で「anger」(昨日はupsetと使ったけど)
日本語で「錨」英語で「anchor」

なぜにここまで似ているのだろうか。

昨日ふと生まれた自分の中の怒りは確かにある種の「錨」となって
エネルギーを生んだような気がする。

・・・・・・・相変わらず「ダジャレ」や「なぞなぞ」の範囲の戯言だけど、
考え出すと面白い事はたくさんありますね。
[PR]



by aka_pro | 2006-01-31 00:55 | 日々 amsterdam

怒り

昨日はマイケルのWSの最終日。
朝からまるで元旦のようなピーカンの静謐な空気の日曜日。
私にとってマイケルのWSはここ5年間、何度も参加しているわけだけど
毎回毎回違う発見があるし、自分の現在を図るものさしとなりつつある。

けれど、今日はワークショップの間中、イトウは「怒り」に満ちていた。
正直ずっと怒っていた。なぜそんな事が起こるのか理解できなくて
イライラしていた。詳細ははぶくけど。
打ち上げも終わって帰り道、マイケルと自転車で
家に向かいながら、
「今日実はすごい怒ってたんだ~」と告白すると、
「僕もだよ!信じられない!」と。ふたりの見解が一致したのは
喜ぶべき事だけど、溜まってたものが一気にあふれたのか、
「なぜそういうことがおこるのか」分岐点のギリギリまで、ふたりで
考え続けた。結局ふたりとも答えが出せないままだったけど
同じ時間で同じように「怒り」を抱いていた人がいたことで少し救われた。

マイケルと別れてからも家に帰ってからも、何故かずっと考え続けた。
答えは出ないけど、「自分が怒りを抱いた」ということを大切にしようと思う。
[PR]



by aka_pro | 2006-01-30 17:25 | dance

キスの回数

オランダに来て、日本と違うのは挨拶。
もちろん初対面の人とは握手とかだけど、基本的に
ハグしてキスが当たり前。
キスにも、3回(右左右がほとんど、左右左はほぼなし)が主流だけど
口に1回もある。1回右だけとか2回右左もあり。

不慣れな私は、いっつもキスの寸前に
「!この人は何回だろう?」とドキっとしてしまう。
「あ~やっぱ3回かア~」とか「口に1回ね」とか。
何度も慣れた人でも、日によって違う事もあり、
「もしかしたら私の不慣れな態度が迷わせてる?」と
思う事もある。
なんかうまく回数が意思疎通できなかったなあという時は
しっかり目のハグでごまかしたり。

またたまに日本人も交えた機会だと、外人とばっかりキスだの
ハグだのして、日本人同士はしないのもなんだか変な感じがして困る。
それでもやはり日本人相手だと必要を感じないのはカルチャーとして
日本にはない習慣だからだろう。
たまに流れで日本人とハグすると気恥ずかしかったり。
[PR]



by aka_pro | 2006-01-29 02:39 | 日々 amsterdam

林立

日にちはさかのぼって、1月25日。
ビムハウスに、ハンベニックのトリオの演奏を聴きにいく(!)。
シアタースクールでのリハの後自転車で駆けつけたら満杯で、
結局2時間半たって聴くことになったけど、
「やっぱハンベニックってすごいわ~」。
なんかどうしても目が行くし、見た目むちゃくちゃやってんのに、音はもちろん
スゲ~という。しょうもないコメントしか出来なくさせちゃうおじちゃんです。
フィジカルな人。
終わって「あなたの音楽はいつも私を幸せにするわ~」といったら
「君はいつも僕を幸せにするよ」とエロジジイぶりも発揮してくれて。
大満足の今日。


それにしてもオランダの音楽シーンはとても成熟している。
また観客もダンスの公演に比べると圧倒的にオランダ人率が高い。
ダンスの公演であれば「英語」が主流となるのも、音楽の場であれば
当然「オランダ語」。MCとかね。
それを歴然と感じたのが、インターミッションでバーでワインを買おうとした
時のこと。ようやくワインを買って席に戻ろうとすると、お客さんもオランダ人
ばかりだから、みんな信じられないくらい大きくて、林立するビルの間を
さまようちび(あえて言おう)日本人の私に愕然としてしまった。

ダンスの分野はそういう意味ではオランダじゃないな。
[PR]



by aka_pro | 2006-01-28 10:26 | 日々 amsterdam

日本

今日は。10時から14時までマイケルのWS。
早抜けして税務署。
そして日にちが変わる夜の12時から、クラブで行われる
「TOKYO デカダンス」というパーティーで突発的に小さな
パフォーマンスをした。だから今は夜の2時。眠い。
1ヶ月くらい前から、こちらでイベントを企画している日本人の人から
もらった誘いでやることになったんだけど、なんだか紆余曲折ありつつ
今日になった。
会場は、障子がレイアウトされ、酒が振舞われ、ウエイターウエイトレスは
黒髪の鬘に、制服っぽい格好、神風と書かれたはちまき、
言っちゃ悪いけど「なんちゃって日本」ナイトな感じ。

最初話をもらったとき、日本人のプロデューサーの方は
「自由に」といってたので乗り気のマイケルとデュオでも、、、、と思ってたのに
クラブの方針は「ジャパニーズオンリーで!」みたいなことで結局
ソロで踊る事にした。
「何か日本」風を期待されているので、友人に借りた着物と帯をドレスに
アレンジして、結構かわいらしく衣装はセットできたと思う。
もろフェミニンなメイクさんに、付けまつげメイクもしてもらい
で、ガレージシャンションショーで踊りました。
出来は・・・・・・なんだかなーと個人的には思うんだけど
判定のし様がないというか、、でもまた機会があれば頑張りたい。
空間も想像不可能だし、オランダ人ののりもまた独特だし。

d0059556_1016645.jpg


スポンサーのイキビールというビールはなかなか美味しかったです。
[PR]



by aka_pro | 2006-01-28 10:18 | 日々 amsterdam

何事!?③

一応その後のこともまとめておこうかな。
水曜日、再度大家さんとの約束でマイケル宅に向かう。
昨日バスタブの汚水を全部バケツでせっせと運んだ甲斐があってか
今日はバスタブにはまた汚水が溜まりつつあれど、床にはこぼれて
いない。大家さんが来るのを待っていると、問題の1階の住人の娘という
人が現れる。大家さんとその人が1階の排水溝をチェックしていると、
イスラエルから大きなスーツケースを抱えたマイケルが帰宅。
朝早いフライト&あんまり夜眠れなかったとかで、三重にも四重にもなった
眠そうな目で帰ってきた。
結局、大家さんが言うには、「1階の排水溝は問題なし、という事は1階とマイケルの2階の
間が問題だ」とのこと。それでもできる事は結局あまりなく、
時差はほとんどないにしろ、帰国早々のマイケルに
手渡された2本のパイプスルーみたいな液体を、少しづつ投入し続けろとの
指示でした。

それにしても2週間のバカンスを終えて帰った早々、台所が汚水まみれって
悲しすぎる。少しでも明るくなってもらおうと、冷蔵庫にコーラとビールを買って
補充しておきましたが。

追記:
結局そのパイプスルーなどではどうにもならず、本日(金)、なんらかプロを連れて
来て、パイプを総とっかえする事になったそうです。
ご愁傷様です。近い将来またあの台所で料理が出来るといいなあ。
[PR]



by aka_pro | 2006-01-28 03:05 | !!!

何事!?②

昨日のその後・・・・・

一年の計は元旦にあり。じゃないけど1週間の計は月曜日にありと、
午前中はキチンとクラスを受けに行く。今日はロシアからの冷気が
注ぎ込んでいるとかで、マイナス4度くらい。天気はいいけど、痛寒い。

そして終了後自転車猛ダッシュで向かったのがマイケル宅。
そうです。昨日の排水溝事件により、今日の13時に大家さんと
アポイントメントを取ったのです。そして入室すると・・・・・
「Much worse....」
バスタブの汚水は昨日は10センチ位だったのに今日はほぼ半分まで・・・
水漏れ予防のバケツはまさにあふれんばかり......
ため息をつくまもなく、登場した大家さんに説明する。

大家さんは簡単にいうと「元気なおじいちゃん」という感じで、
分厚い帳面片手にやってきた。コードを突っ込んでゴシゴシしたり
なんか溶かす液体を入れたりいろいろやってみたけど結局は
事態は変わらず・・・・・・・


マイケルの家は古いビルディングの(日本で言う)2階で、3階には
本来はスペイン人の女性が住んでいるはずだけど又貸しして一切
英語もオランダ語もしゃべれないブラジル人が何人かすんでいるらしい。
4階は、オランダ人カップルで、大家さんがリノベーションを終えてご自慢の
明るいバスルームもある素敵な部屋だった。別に私はその部屋に入る
必要は一切なかったんだけど、大家さんが
「いいのいいの。いい部屋だから見ときなさい」と連れて言ってくれた。
確かに!
そして問題は1階に住んでいる・・・芸術家さんなんだけど、もうここ10年来
スペインに行ったきりで誰も住んでいないんだと。でも彼は大家さんに
鍵を渡すのを嫌がって、結局大家さんは1階の部屋の鍵を持っていない。

いろいろやってみても解決しないので、やはり問題はビル全体の排水溝が原因で、
まずその1階の排水溝が開通しない事にはなんともしがたいんではないか?という
結論に達した。
大家さんは持参の分厚い帳面を開いて、
「確か彼の娘が近所に住んでいるので電話する」と言い出した。そして
電話すると、その娘さんの友人だとなのる男性が出て、娘さんに連絡を
取れ次第コールバックしてくれる事になった。

待っている間も、彼は
「借りていても住んでいない住居人や、又貸し(違法)してコミュニケーションのとれない
人に住まわせている住人は困る、また台所の排水溝にいろんなモン流すからこんなん
なるんだ」と愚痴を私に聞かせる。でも意外にこれが愚痴とはいえ、あんましいやな感じに
聞こえないテクニックを彼は持っている。ちょっと楽しかった。
大家さんがこのビルを今後どうしたいかの展望まで伺った。
まあ私も結局「私の問題ではない」という気楽さから来ているのかもしれないけど。
でもヘドロまみれの床を掃除するのは私なんだろうなあ・・・・

大家さんのプリティさは、他にもあって、
突然部屋の端から端まで大またで歩き始めたと思ったら
「うん。13メートル」とか言って。測ってたのね・・・・・

結論としては今日には何も出来ず、大家さんはその1階の住人の娘さんからの
電話を待って、それでも駄目なら明日はもっと違う道具を借りてくるとのこと。
私はまたあす13時半にマイケル宅に行く事になり。
まだまだ続きます。
[PR]



by aka_pro | 2006-01-24 01:29 | !!!

何事!?

今日は日曜日。今週は本当にまったりな1週間。
今日は8時から先週のフェスの打ち上げがある以外は
特に出かける用事はないのです。でも実は来週クラブで
10分程度のダンスを踊らねばならず、その用意を今日はするつもり。

現在マイケル・シューマッハ君は、彼のいるイスラエルに2週間ほどバケーションで
行っていて、(でもいる間ほとんど風邪引いて具合が悪いみたい・・・かわいそう・・)
私は彼の部屋の鍵を預かって、たま~にエントランスに投げ込まれる手紙を部屋に
移したり、植物に水をやりに出かける。
「真喜子~いつでも泊まって行っていいからね~」とは言われるものの、
基本的に必要事項をチェックして帰っていたんだけど、今日はせっかくなので
私の部屋より数倍広い彼の部屋でストレッチや、振り付けをさせてもらおうと
午後になって出かけていった。
3日ぶりの部屋は、一見落ち着いているものの、何かがおかしい・・・・・・・・
まずは植物に水をやろうとキッチンに入ると、バスタブ(台所に鎮座してます)と
シンクに泥水が溜まっている!床にも少々水が・・・・・
はっきり言って何が起こったか理解できず、ぼ~と汚れたシンクを洗う。すると
パイプから水が漏れ出し、ようやく排水溝に問題が起きた事に気づく。
どうしようもないのでイスラエルに国際電話し、昼寝中のマイケルをたたき起こし
(本当に具合悪そうだったので申し訳なかったけど)、状況を説明。
彼も本当に驚いて、結局大家さんに連絡を取ったり、上階に住む隣人に助けを
求めたり。私は床を拭いては、電話をし、床を拭いては隣人(スパニッシュ)に
説明し、、、、、、とても創作どころではない日曜日。
隣人もいろいろ頑張ったけど、どう考えても問題は個々の家のパイプではなく
ビルそのもののメインパイプが原因らしく。にっちもさっちもいかなくなった。
それでもマイケルの家は2階(日本で言う)にあり、3階4階の彼らは問題がまだ大丈夫
でも彼らが水を使うとマイケルの家のパイプから汚水が流れ出るという悲惨な状態!

結局本日中には解決せず、隣人には明日まではとりあえず水をなるべく使わないように
頼み、パイプのしたにはバケツを置き、
明日1時大家さんと私がマイケルの家で会うことに。
私がなんだか全ての責任を負っていることになっている。

どうなることやら・・・・・・
私の借りている部屋は大家さんの家の1室であり、時に大家さんと一緒の暮らしは
窮屈だったりするけど、こういう事態が起きたときはきっと助かるんだろうなあ。
まあマイケルのお陰で、こういう事件も体験出来ているけどね・・・・・・・

日々ドラマチックですわ。
[PR]



by aka_pro | 2006-01-23 08:46 | !!!

芽キャベツ

昨日市場で芽キャベツが安かったので買ってきて、鶏肉と煮込みました。
コンソメとハーブのみのシンプル調理でしたが、なかなか美味しく出来ました。
よく考えたら、芽キャベツを自ら料理するのは初めてかもしれません。

日本で手に入りやすい(いつでもある・安い)野菜と、オランダで手に入りやすい物は
当然ながら違っていて、芽キャベツもそのうちの一つでしょうかね。
後は、フィノッキオというウイキョウの根の肥大化したものも初で美味しかった。切った
見た目は玉ねぎ(生)みたいだけど味は違う(当たり前)。
まだ自分で料理してないのはビーツ。食べた事は何度もあるんだけど。

大根は市場まで行ったり中華スーパー日本食スーパーに行けば手に入る。
青じそは明治屋で10枚くらいが3ユーロ(450円くらい?!?)・・・
サツマイモは中がオレンジで、ごぼうはまだ入手した事がない。

そう、野菜といえばここ2ヶ月ず~っとカリフラワーが食べたくて
市場やスーパーで目を凝らしているのですが、なんか高くて手が出ない。
変な話青じそには勇気を出して3ユーロ出せるけど、カリフラワーには
3ユーロ出せないわ・・・・という感じ。両方とも3ユーロじゃ買わないけどね。
いい加減買えよ!といつも突っ込みを入れながら買わない。
何がそうさせるのか?あの栄養素のなさげな見た目か?
誰かがカリフラワーパーティーをしてくれたら買っていくのに。
せつない。

ところで芽キャベツってこんな風に生っているそうです。ちょっとびっくり。
[PR]



by aka_pro | 2006-01-22 18:08 | 日々 amsterdam

脚の記憶

オランダにいると、脚の筋肉の違う部分が使われる。
トラムにのっても劇場でも備え付けの部屋の椅子も
全て少し高くて、脚が地に付かない。着くけどうまく体重が掛けれない。
自然と座っているだけど脚が疲れる結果となる。発見。

後、最近毎日毎日自転車こぎしてたら、昨日今日と久々にてくてく歩く
事をしてみると(自転車に一切乗らないで)、これもまた違う筋肉を
使っていることが分かる。

地層を見れば、何百年前にこういう環境で何百年後にはこういう環境
というのが分かるように、足の筋肉とかでも、どういう生活化分かるんだ
ろうなあ。さすがに地層みたいになってはないんだろうけど。

ここ最近コンクリートでアップもなしに踊ったり、海岸を駆け回って
脚が非常に疲れていたので、洗面器を購入。32センチのを買ったら
1個できっちり両足がつかる大きさだった。足湯→マッサージ。
至福。

景色とか視覚で覚えるアムステルダムがあって、
オランダ語とか音楽とか聴覚で覚えるアムステルダムがあって、
洗剤とかマリファナとかの嗅覚のアムステルダムがあって、
足の筋肉の疲れ方で覚えるアムステルダムもあるんです。
[PR]



by aka_pro | 2006-01-21 09:11 | 日々 amsterdam

アカプロのブログ
by aka_pro
プロフィールを見る
画像一覧

ファン

ブログジャンル

画像一覧