アカプログ

<   2006年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧




やりきれない

アムスにいて日本のニュースといえば、ネットかBBCしかない。
荒川さんの金メダルとかは本当にリアルタイムに喜べたけど、
その他のニュースは「ヤフーニュース」とかで目にする事以外、
ほっておくと入ってこない。未だにホリエモンの容疑がなんなのか
イマイチ把握できてない。友達も母も、
「ホリエモンが逮捕されたよ~」とメールをくれるので、
「結局どういうことでそうなったの?」とメールするのに、誰も答えてくれない・・・・・
まあそれはどうでもいいけど。

今日はふらっと見たニュースでどこだかの市長さんが自殺したというのを見た。
私の2倍近く生きてきた人が、自殺しなければならないなんて、理由はどうであれ
やりきれないと思った。
自殺はやりきれない。
若者の自殺ももちろんそうだけど、年月を重ねてきた人がそれにもかかわらず
自殺しなければならないのはやりきれない。

インターネットの小さな記事にやりきれなくなる月曜日。
[PR]



by aka_pro | 2006-02-28 03:44 | 日々 amsterdam

筋肉痛

最近思いのほか忙しい~。今日は参加しているフィルムプロジェクトの
最終日。マキコ主演の(!)撮影が終わりました。
今日の撮影は極めて静かなシーンであったけど、土曜日の撮影はなかなか
ワイルドで、普段と違う筋肉が痛くなった。

ただし、昔ほど
「うお~動くだけで痛い~」というような筋肉痛になることがなくなったなあ。というのが
最近の実感。
記憶として覚えているのは、中学校のときの、冬の寒稽古としょうする、早朝全校生徒で
ランニング&エアロビイベント。初日の次の日は、階段を上り下りするのさえ、
ひ~ひ~だった。

それがまあまあ普段から動いているから筋肉痛になりにくいのか、
それとも、「筋肉痛」になるにも若さが必要だからなのか・・・・・・
どうなんですか?30代の筋肉?
[PR]



by aka_pro | 2006-02-28 03:25 | 日々 amsterdam

Fresh 1

今、FRESHのパフォーマンスを終えてケイテイんちでご飯を食べて帰ってきた。
予定していたミュージシャンは病気でダウンして、代わりにマリーのヴァイオリンと
マイケル・ムーアのクラリネットで、アコースティックなサウンドになった。
とてもよかった。

学生さんたちも、緊張しているし、まだまだ余裕はないけど、何しろ
素直なだけに、みんな本当に助けたい気持ちになる。
シルバンもジャスティンもみんな暖かい人なのでドキドキしながらも
いい気持ちで今日を終えることが出来た。

個人的には、今までにない「ソロ」が出来たと思う。
学生さんとやるから、思いのほかぽ~んと一人残される状況になって
(普段はそういうことってあんましない)、何もプランもないところから
とてもシンプルな、でも満足のいくソロが出来た。
評判もよくて、一安心。
あ~楽しかった。
[PR]



by aka_pro | 2006-02-27 09:53 | dance

銅像に蹴られる

土曜日も朝から撮影。
オリンピックスタジアム前でかなり暴れるシーンを撮った。
でっかい銅像がたくさんあって、登り放題だったし、
「なんとかとなんとかは高いところが好き」じゃないけど、
登れそうな壁とか登れそうな煙突とか登れそうな銅像とかが
目の前にあると、登らずにはいられない。

偉い先生に診てもらったら、
「前世では足軽で下克上でのし上がりたかったが叶わなかった」
といわれた。

・・・・嘘です。

でもなんか心理学的にあるのかしら。

臆病なのに調子に乗る。それが私だと思う。
今日も調子に乗って銅像と踊ってた。
ら蹴られた。右目上方を・・・・・・

今日はパフォーマンスなのに、青タンつきかア・・・・
今日はメイク濃いいかもしれません。
[PR]



by aka_pro | 2006-02-26 19:20 | !!!

Brokeback mountain

ピーカンの金曜日。
今日は朝からビデオダンスの撮影があって早起きしました。
まずは衣装合わせ→ふきっさらしの中央駅裏→道端と、駆け抜ける
4時間。前にも感じたけど、カメラを回している人がいるだけで
街中である意味何しても良くなる(タガがはずれる)のは気分いいです。
この撮影は後3日続きます・・・・・

今日はマグパイがグローニンゲンで公演なので、みんなが車で行くのに
間に合えば行こうと思ってたけど、どうもギリギリ間に合わないので、
潔くスパッとやめにして、代わりに映画を見に行く。
ゲイ率の高いマグパイ内でも大評判の映画、もちろん世間的にも大評判の
「Brokeback Mountain」を見に行った。
アムスで見るのも意味あることであろうと思い、cinecenterで。
客層は年配の人が多かった。
映画で小休憩があったのは初体験。

映画は、英語のなまりがすごくて、正直言っていることはほとんど聞き取れなかった・・。
しかもあまりになまりがすごくて分からないから、ついわらをもすがるつもりで字幕を見ると
オランダ語で、ますます分からず・・・・・という始末。
でもそれにもかかわらず、淡々とした話だったし、何より役者さんの演技がすばらし
かったので、気にならずにストーリーに集中できた。

とてもとても切ない話だった。
特に、こんなことは初めてだけど、映画が終わって、タイトルロールの曲が流れて
いるときに、一番胸が痛くなった。
主人公たちだけでなく脇の人の顔がいい。
そして自然も美しかった。
でもなんだかずし~んと重い映画だった。
[PR]



by aka_pro | 2006-02-25 04:23 | おすすめ

綺麗だったわ~

荒川静香さん!
綺麗だったわ~。
おめでとうございます~。
素晴らしかったです。
本当に「女王」って感じだった。

時差のないヨーロッパで見るオリンピック。
いいですよ。
[PR]



by aka_pro | 2006-02-24 07:02 | dance

movement

昨日と今日と、マグパイの「FRESH PROJECT」の稽古。
かなり昨日から冷え込んでいるアムスで、毎日1時~5時でリハ。
フレッシュパイは、フランス人のマグパイダンサーシルバンと、
ジャスティン&マキコに2人の学生。アーネムとロッテルダムの学校から
選ばれてきた。
正直、二人とも希望したわけでもなく、ケイテイや他のマグパイのWSを
受けたわけでもなく、最初は「一から教えなければ行けないのか・・・」と
3人の頭に不安がよぎったが、二人ともとてもピュアで頭のいいダンサーなので
そんな心配は稀有だった。
マグパイのいいところは、WSでもこういう機会でも、必ずライブミュージシャンが
参加してくれるところ。昨日はマリー、今日はウィルバートとマイケル・ムーア。
はっきり言って、超ゴージャスな環境だと思う。

そして私たちのリハ後は、明日グローニンゲンで行われるマグパイギグのリハ。
ケイティ・マイケル・ビンセント・シルバンにマリー(ヴェイオリン)、ハン(ドラム)。
アプレンティスの特権だなあ~と思うのは、すんばらしいリハを見れる事。
正直4時間のリハで疲れてはいたけど、見逃すアホはいないです。

ただただ素晴らしかった。
もちろん、私の大好きなハンベニックが演奏していたのもあるけど、
マキコは本当に満足した。
で、しかも、何に満足したかといえば、生まれでた動きそのものに
満足させられたというのが正しい表現だと思う。
普段インプロを見るときに、パフォーマーによるチョイスにうならせられること
もあるけど、今回はチョイスがどうのというより、ただただその「movement」に
動かされた。
あ~ほんとうに、「moved」「touched」っていう英語好きです。
ものすごくよく分かる。

ダンスはすごい。
[PR]



by aka_pro | 2006-02-24 05:34 | moved and touched

変な一日

まずは・・・

わ~い!!!
とうとうついに、バンクアカウントを手に入れました!
いや、正確には1週間以内に公式な住所に(ナタンニャの家)
カードと手紙が届いて、それを持って銀行に言ってアクティヴェート
してもらわないと使えないけど。
でも~。あ~嬉しい。長い道のりだった。

そう朝から、銀行に行って、午後のリハに行ってとまあまあやる事の
多い一日だったけど、なんとも知り合いに会う一日だった。
まずは銀行までの道のりで
「近道しよう!」と思って偶然通った道で、日本人のユカさんがベビーシッター
中にばったり出会う。そして銀行では、連絡しなければならなかった学生の
ベアトリスが、銀行に住所変更に来てて出会う。そしてリハの前に水を買おう
と思って入ったナチュラルウィンケルで、ゴーシャに会った。
アムステルダムが小さいからというのは実際大きな理由だけど、
それにしても多い。

そしてまた今日の私はまるっきり方角に関して壊れていた。
銀行~リハまでの間少々時間があったので、ダムスクエア付近の通りを
お店を冷やかしながら歩いていた。ふらっとお店に入って、次に出たら
まるっきり反対の方向に歩いて、しばらくして気づく。その繰り返しだった。
お店を出た途端、来た方向とすすむべき方向が一切分からなかった。

ある意味特殊な一日でした。
[PR]



by aka_pro | 2006-02-23 05:49 | 日々 amsterdam

ストレンジャー

である。基本的に。
移民がたくさんいるアムステルダムでも
やはり私の見た目はある意味ストレンジャーである。

所属しているマグパイにおいても、ストレンジャーといわなくても
「新しい」存在である事は間違いないだろう。
同じようにパフォーマンスのチャンスが与えられ、私の意見も
同じように扱ってくれ、同じだけのギャラが払われていても、
やはり共有した歴史は少ない。

言いたい事は、それへの文句ではない。

人は誰しも新しい環境においては、ストレンジャーであったはずだ。
それがそうでなくなるまでの過程とか、
また新しくストレンジャーになることとか、
漠然と考える一日。

要は、今日は15時から22時までマグパイミーティングだったわけだよ。
腹が減りました。
[PR]



by aka_pro | 2006-02-22 07:31 | 日々 amsterdam

giving person 2

この間、「与えている分量」と「受け取っている分量」について
思いを馳せていたら、感想を頂いた。
彼女は以前友人と、
「親切って 親切にしてるって意識しても親切なのか」
という会話をしたんだって。意識しているって事は量を測っている
のではないかという話もしたそうで。

なんかそのメールでポンと膝を打った。
確かに、測れないものの量を測り出したらそれは既に測れないもので
はなくて、だから「親切」とか、・・・「愛」とか?
「親切」は親切でなくなり、愛は愛でなくなるのか?
深い。

ただここでもう少し「量」について考えてみると、
「与えた分量」は自分で間違っていたとしても測れるとして、
それが「相手に届いている量」は測りようがない。
「受け取っている分量」についても然りで、もしかしたら
もっともっと「受け取らないで流れていったもの」があるのかも
知れない。

私に相談した二人は、基本的に「与えたい」人なんだと思う。
そして、口では「もらってない」というがそれは
「受け取ってもらってない」という事だと思う。
受け取る事も愛だ。でも間(あいだ)でもある。
受け取れるか取れないかは多分に両者の問題である。
[PR]



by aka_pro | 2006-02-21 18:49 | 日々 amsterdam

アカプロのブログ
by aka_pro
プロフィールを見る
画像一覧

ファン

ブログジャンル

画像一覧