アカプログ

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧




DETOX TEA

朝一番はコーヒーが飲みたいのですが、
それ以降は、「美味しいコーヒー」以外だったらお茶派。

ちなみに甘い物は大好きだけど、甘い飲み物は苦手。
お酒も同様。

でお茶は紅茶も緑茶も好きだけど、空腹で飲むと胃がむかむかする。
もっぱらほうじ茶、麦茶派。

そんな私が好きなのが、YOGI TEA社のDETOX。スパイスプンプンの効きそうな味。

そして今日新たに自然派スーパーで見つけたのが、
Qi社のDETOX。中国緑茶ベースで、レモンとオレンジの香りもあって、かなり飲みやすい。YOGI TEA社と全く違う路線のお茶だった。

今の気分は断然Qiの味の方。

飲み方は乱暴に、どの家にもあるDURALEXの大きいヤツで。ごくごくと。
[PR]



by aka_pro | 2007-10-30 00:20 | からだのこと

オランダのおばちゃん

昨日、朝8時に用事があったので、目覚ましを7時にかけたら、
ちょうどサマータイムの終わりだったので、
7時かと思って起きたら、6時だった。

お弁当を作ってもまだまだ時間が余る。

それにしても、毎年結構適当に切り替わる。
Macの時計表示がなかったら、意外と1日くらい気づかずにいたかも。

というわけで、1時間遅くなったので、朝は普通に起きても
何となく早起きになってしまう不思議です。

で、今朝はプールに行った。
11:00-11:45 プール(小)のみ解放
11:45-12:45 プール(大)も解放
というスケジュールだったので、11:45までは
子連れだらけの小さいプールの片隅で、せっせと自家製水中エクササイズをする。
この雰囲気嫌いじゃない。基本親子連れ、か、お年寄り。

しかし、そこに!
オランダ版オバタリアンが登場したのだ!
彼女はとにかく、小さいプールが親子連れでわさわさしているのが
気に入らなく、監視員に、ラインを張ってプールを半分から大人用に
分けろ!と主張。

困り顔の監視員を前に、自説を延々披露。最終的に権利を勝ち取った。

が、しかし。実は分けたおかげで、むしろ手狭になり、大人も親子連れも、
皆不満げな顔。。。。
仕方ないので、彼女は片っ端から人を捕まえては、
自分が正しい事を主張し続けながら泳ぐという、離れ業をやっておりました。

いやあ、へこたれないのは気持ちいい。

オランダのおばちゃんにしてはやせ形だったのが惜しい気がするけど。
[PR]



by aka_pro | 2007-10-30 00:08 | 日々 amsterdam

ICP at BImhuis

ICPのコンサートに行って来た。

思えば、ちょうど1年前、帰国中の日本で、新宿ピットインと六本木スーパーデラックスで彼らのギグを見たんだった。

満員のビムハウスで、実は場所的にちょっと見ずらかったけど、
いっぱいいい音楽が聴けた。

マリーとトリスタンとベースの人の3つの弦楽器のところとか、
アブさんがサックスを真っ赤にふいてるソロとか、
ハンとマイケルの演奏とか。

ほくほく顔になって帰る。
[PR]



by aka_pro | 2007-10-29 23:55 | おすすめ

6 guiters

先週金曜日のOT301での公演は、
なんと6人のギタリストとの競演。

こんなん正直「あほみたいな」企画だけど、
これがすごくよかった。
なんかこういうパワーある企画っていいね。

満員の会場に6人分のアンプだのコードだのと
踊るスペースは少なかったけど、そこはそれ、
踊る阿呆ですから。
[PR]



by aka_pro | 2007-10-29 23:49 | dance

オランダの社会で

私の所属しているダンスカンパニーは、
オランダでもとても変わったカンパニーで、
まあ分かりやすい例で行けば、少なくとも
ダンサーにオランダ人は一人もいなくて、日本人は
二人もいる。アメリカ人は5人もいる。
音楽家は、オランダ人も多い。
主要言語は英語。

要は、まさに「アムステルダム」なカンパニーだ。

特異な都市であるアムステルダムは別にしても、
オランダはとてもインターナショナルな国だと思う。
どこでも英語が通じるし、移民局への文句はつきないものの、
明らかに、日本なんかと比べると、移民に開かれた国だと思う。
しかし、同時に「オランダ」という国の「オランダ」生粋の部分というのは
インターナショナルのヴェールに包まれて分かりにくかったりする。

英語で生きて行けるが、結局はオランダ語をしゃべらない限り、
本当の意味でオランダ社会に近づけないのかもしれない。

そんなカンパニーで、プロジェクト助成を助成団体に申請するのだが、
やはりどうにも核心にたどり着けない事がある気がする。

いや、要は助成金がおりなかったのですが。。。

今日は、その助成団体の担当者と、「なぜか」について
ミーティング。私もケイテイにくっついて、ゴージャスなビルに出向いた。

同席できて良かった。
またじっくり、「オランダ」で物事を起こす事について考える。
3年目にして、今私は本当にそう言う時期に立っているのだと思う。

いや、全然悪くない。じっくり考えよう。
[PR]



by aka_pro | 2007-10-25 01:27 | 日々 amsterdam

今日は

あんこを煮た。

他にもいろいろしたけど、
もし明日、英会話のクラスで、
「What did you do yesterday?」って聞かれたら、
「I made Japanese sweet beans paste, Anko!」って
答えると思う。

英会話教室には行っていないがな。
[PR]



by aka_pro | 2007-10-23 04:17 | 日々 amsterdam

同級会

無事に、アーネムについて、ダンスメーカーコースの学生さんに
3時間のクラスを教えた。
既に知っている子もいたりで、和やかに、かつかなり、
「伝えたい事が伝わった」クラスにできた。

夕方6時に授業を終え、駅に向かう坂道から見えた夕日がものすごくきれいで、
久々に、シンプルに嬉しい日だと思った。

ダンスメーカーのコースではなくて、ダンサーコースの子が
飛び入りで参加していた。彼女はイスラエル人で、21歳。
私がアムスに住み始めた本当に初期に、マイケルのWSで一緒になった。
彼女もそのときが、オランダに来て1年目。

要は、私と彼女はオランダ同級生だ。
年齢は、ほぼ一回り違うけど。同級生に違いはない。
私が教えに来たので、コースを超えて参加してくれたのだ。

そして日曜日、アムスに遊びに来た彼女とカフェで、
コーヒーを飲みながら話をした。

お互いの事を報告することで、2年の時が経つのが早い事を改めて確認した。
[PR]



by aka_pro | 2007-10-22 04:32 | dance

久々の電車通勤

かなり冷え込んだ金曜日。
久々にアーネムで教えの仕事があったので、電車に乗って通勤した。

お昼過ぎの車内は適度に満杯で、二人掛けのシートの隣には、
小さなアジア系のおじさんが座った。
ユトレヒトまでの30分は、教える内容を練ったり、英作文をしたり、
集中した時間をすごしていた。

ところがユトレヒトに到着した途端、おじさんが、
「なんか」話しかけて来た。この「なんか」は完全にオランダ語。
どうやら、「ここはユトレヒトだけど、君は降りなくていいの?」と
聞いて来ているらしい。
おじさんの親切のおかげで一瞬不安になる。
「へ?この電車、アーネム行かないの?」と。

まあなんとか電車は、希望している方向に向かい、
その後、この人のいいおじさんは、オランダ語が全然通じない私に
延々と話しかけ続けた。ニコニコ笑って、
「シネース」というのが聞き取れたので、中国人だと分かる。
「私はヤパンスだ」とかろうじてオランダ語で言うと、
ほーか、ほーか。という顔をして、
「日本はきれいな国だろう」など、いろいろな話をしてくれる。

相づちを打つしか、打つ術のない私は、ただひたすらに首を振る。

地元の名産、張り子の虎を思い出す。

ああ、オランダ語がしゃべれるようになりたい。
今度はこのおじさんと話がしたい。
[PR]



by aka_pro | 2007-10-21 19:47 | dance

空色

空色。
スカイブルー。


すきですよ。私も。
でもオランダ、よっぽど好きなんだろうなと思う。

オランダのロイヤルダッチエアライン、KLMは世界で最古の
航空会社で、それを自慢するかのように空色の機体だ。

またアムステルダム市内の辻々に展開している大手スーパー
Albert Heijn もテーマカラーはスカイブルー。
ショッピングパックは倹約家のオランダ人の、ヘビーユーズ。

後は、オランダのPostbankも空色がテーマカラー。
最初の一年目、ここで口座開くのにどれだけ苦労したか。。。
スカイブルーが目に痛かったです。

まあ私が何を言いたいかと言えば、
「オランダ人=空色好き」ということですよ。

10月前半の、冬前の最後のがんばりで、青空がつづく、
美しいヨーロッパの秋を見せつけたアムステルダムだったが、
そろそろ限界か。
長い灰色の季節になります。

これらの会社の空色は、オランダ人の青空への渇望を表していると同時に、
灰色の町で、目立つという企業効果もあるのかもしれない。
[PR]



by aka_pro | 2007-10-18 00:55 | 日々 amsterdam

もやもやとの戦い

日々はもやもやとの戦いだ。

良く寝る、地味な顔をした私でも、
眉がぴくんッとあがる事がたまにある。
それの理由は、あまり世の中のシステムに
従わずに来た故の、つけだったり、
結局突き詰めると、
「コツコツ」し続ける事しか、ないという
結論に行き当たる事だったりする。

私は自称
「打たれ弱く、でも調子に乗りやすい」という人間だ。
だがそのまま努力なしでは、バランスは悪くないがフラットなままだ。

そこを乗り越えなければ!などと思った木曜日。

座り方が悪くてしびれた右足を抱えながら。

フンガー!

この鼻息がいつまで続くのか。

フンガー!
[PR]



by aka_pro | 2007-10-12 00:50 | 日々 amsterdam

アカプロのブログ
by aka_pro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧