アカプログ

<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧




怪我の功名

ってこう書くのね。日々勉強です。

今日の「怪我」は私の怪我じゃなくて、マイケルの怪我。
本当は今日(正確には11月21日)、念願のマイケルとのデュオを
する予定だった。でも彼の腰の怪我で、お流れに。
でも、彼はホランドダンスフェスもスエーデンの仕事も断りながら
ギリギリまでやれる可能性を考えてくれて、でもその上での決断だから、
私は100%彼の選択に賛成だし、来年早々にリベンジをする約束まで
したのでその事自体に問題はない。

ただ、キャンセルが決まったのが前日。さて当日どうするの?という話だった。
元々ダブルプログラムなので、私たちがしなくてももう一グループはするわけで。
で悩んだあげく、音楽家と私のデュオをすることに。
なかなか自分でそういう思い切った事をしないから、
「怪我の功名」といえば、そうとも言える。
環境が、逃げ場をなくすというか、終わってみて
「やって良かった!」と思ったもの。

ドキドキしたで。
ストリップもどきもしたし、なんか今回いっぱいしゃべったし。

久々に終わってゆっくりみんなとビールを飲んだ。

でも私基本的に朝方ニンゲンなので、そろそろ帰りたくなる。
で、こういうときに私が言っちゃう言葉が、

「I'm sloly going off」

マキコの気持ち的には「あたし、そろそろ失礼します」なわけだけど、
この間マイケルに大笑いして指摘された。

英語のスラング的には
「わたしそろそろはじけさせていただきます」ってな感じらしい。
go off = go crazy

そういう時はね
「I am leaving」か「I am taking off」なんだって。

今まで私、何度も言ってた、

「マキコ、今から少しづつ狂っちゃいます★」。

で、コートとかしっかり着て、お家にまっすぐ帰るの。
恥ずかしいねえ〜。
しかも特に「slowly」ってとこが恥ずかしい。

今日も言いそうになって、ぐっとこらえる。
こうして私はすこ〜〜〜〜〜〜〜〜しづつ生きた語学を習得して行くのですわよ。
[PR]



by aka_pro | 2007-11-22 09:50 | dance

出前始めます!

昨日は、面接に行ってきた。

「幼稚園へのアーティスト派遣団体」への面接。
マヌエラが既に9月からやっていて、担当者のマックスも
Wonderlandを見ていたので、基本的に和やかに話は進む。

この後、15分くらいの内容の小さい作品を作って、
彼に見せて、トライアウトをした暁には、
週に何度か、オランダの幼稚園に出前パフォーマンスをするのだ。
12月くらいに開始予定。

一応、まだオランダ語が出来ないから、そういう不安はあるけど、
頑張ってみようと思う。

今日始めた指圧コースといい、この出前パフォーマンスといい、
ダンス界だけじゃない、ローカルなアムスにまた一歩足を入れた感じが
嬉しい。
[PR]



by aka_pro | 2007-11-15 18:15 | dance

いつもと違う事をする

水曜日の朝、前の日に友達とガールズトークナイトをしてしまい、
9時頃起きる。本当は、水曜朝の指圧の講習に申し込んだんだけど、
昨日まで参加OKの返事がなく、
「今回は無理かな」とあきらめていたので、ゆっくりコーヒーを飲んでいた。

すると、友人ゴーシャから電話があって、
「マキコ!今からでも参加できるわよ!」と。

へ?今9時20分、クラス9時半からだよね??

「遅れてもいいじゃない!おいでよ」

最初は迷った。寝間着姿の寝起き、しかも会場は自転車で25分くらいかかるところ。
普段の私はこれが、
「遅刻大嫌い。遅刻するくらいなら欠席する」という頑固者。
しかも指圧なんてコースは、そんな起き抜けで駆けつけたような
体が準備されてない状態で習えるものかあ〜!なんて
一見もっともらしい理由を考えてみる。

でもね、なんだかこの日は
「いつもと違った決断をしてみよう」と魔が差した。

速攻着替えて、自転車でひた走る。40分以上送れての参加だったが、
暖かく迎え入れられ、

やっぱり来て良かった。と思った。

帰り道ゴーシャと、
「いやあ、いつもなら遅刻って絶対したくないんだけど、
違う決断をあえてしてみるのって、いいね。プッシュしてくれてありがとう!」

というと、私の言わんとしている事は理解しながらも、
「まあね、遅刻しないのはとってもいいことだよね」と笑っていた。
[PR]



by aka_pro | 2007-11-15 18:10 | からだのこと

常連さん

先週末のWonderland,開始時はたった一人の子供でどうなることかと
思ったけど、どんどん増えて、最後には子供が舞台の主役みたいになって
無事に終了した。ほんとよかった!

そう、その最初からいたお客さんというのは、Wonderlandの常連さん、
イアンテ!今回は猫の帽子をかぶって来てくれた。
「来てくれたの!」というと、お母さんが、
「先月キャンセルだったからすごく残念だったわ!」と。

そう先月はいろいろな事情でやむなくキャンセルしていたのだった。
でもこうして、先月のリベンジでまた来てくれるなんて!

私のダンサーとしての(かぶり物芸人?)今の自慢。
アムスに常連さんがいます!
[PR]



by aka_pro | 2007-11-15 17:59 | dance

今日の公演2連発!

備忘録がてら。今日は嵐のアムスで2本立てです!

Wonderland #12 "White snow"
Sunday 11 November 16:00
Music and Dance performance for kids and also not kids!
OT301 - Overtoom 301, 1054 HW Amsterdam
- Entrance 4 euro (kid’s free entrance)
Dance: Makiko Ito, Manuela Tessi, Julie Osthooek, Florian Montas, Sylvain Meret
Music: Chris Martineau (Alto, voice), Daisuke terauchi,Tamaho Miyake

“Stain of red wine on that table”
Sunday 11 November 20:30
Muiderpoort Theater / Mad Sunday met Sylvain Meret /
Tweede van Swindenstraat 26, 1093 VS Amsterdam /
Entrance: 9/6 euros

- A music-dance Improvisation night with artist from the French collective – Bordeaux “les imprevisibles” - meeting with the Amsterdam artists

Dance: Julie Osthooek, Kyungsun Baek, Manuela Tessi, Sylvain Meret, Makiko Ito, Florian Montas (performance)
Music: Chris Martineau (alto/voice), Michael Moore (Clarinet), Oscar Jan Hoogland (piano)
[PR]



by aka_pro | 2007-11-11 16:37 | dance

着地の感覚

ずいぶんと長い間ふわふわ浮いていたように思う。
それが昨日「着地した」と思った。

何の事はない、マイケルの家で、
ハンとマリーとルースとマイケルといういずれも手練れの酒豪の仲間に
入れてもらい、メキシカンフードのテイクアウト&ワインをしこたま飲んだ。
後は、話をして、ダッチのコメディーTVドラマを見て、
マイケルの大阪でやったソロを見た。

それだけだったけど、何かがするすると溶けて、地に足が着き、
自転車での帰り道が、すごく幸せで暖かかった。

着地の瞬間って、ものすごい、ささいだ。
[PR]



by aka_pro | 2007-11-06 01:45 | 日々 amsterdam

NHKニュース

このあいだ、思わず「うまい!」と思いました。
これです。
[PR]



by aka_pro | 2007-11-03 00:12 | おすすめ

アカプロのブログ
by aka_pro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ファン

ブログジャンル

画像一覧