アカプログ

<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧




31/01/2008

d0059556_228102.jpg


本日のお昼ご飯。
ラートナークンと思われる。幅広米麺に、野菜とエビのあんかけのせ。
フレッシュココナッツを添えて。
うまい。
しかし、この太麺、ぺろりと行けそうな風情をかましながら、
意外に腹にたまる。食わせ物です。

今日も一生懸命勉強頑張りました。
今日は満足のいく仕上がりにやっとなったと思う。
これでもまだ体の前面しか終わってない。あとサイドとバックと座位もある。
負けない。

今日は放課後(!なつかしい響き!)、クラスメートに進められた、
ブラインドマッサージのお店に行ってみる。迷いながら地図を見ながら
たどり着いたそこは、行ってみれば昔の日本の指圧所みたいな風情の、
目の見えない人のみがやっているマッサージ店。

勝手がわからずおどおど入ったため、最初は気づいてもらえず。
「ああ、そうか、目が見えないのだものな」とあらためて気づく。
タイで普通のマッサージ店は、物欲しそうに見てたら、向こうから声がかかるのが
普通だったから。
気づいてもらえて、英語で交渉して、1時間半のマッサージを受けた。
店で多分一番若そうな男の子で、ビートルズのオレンジのTシャツを着ていた。
目の見えない人の手がどれだけの情報を得るか、ということのすごさにただただ
圧倒された1時間半だった。
彼は、時に軽やかに、時にじっくりと私の体に向かい合う。

すげー。

と思った。これで、1時間半600円。申し訳ない気持ちになる。

申し訳ない気持ちになっても人間腹が減るもので、行きつけの屋台で、
イカと野菜の炒め物のせご飯を食べる。
うまい。

今日も充実した一日だった。
[PR]



by aka_pro | 2008-01-31 22:19 | タイの日々

30/01/2008

d0059556_196255.jpg


今日の朝ご飯。タイスイーツ?
果物の中に餅米。備え付けのココナッツミルクを欠けて。

タイの素朴なスイーツにはまりつつある。ギュウヒっぽいお餅とか、
焼いただけバナナとか。
氷と混ぜるだけの、スイカシェイクとか。

うまい。

しかし、タイに着て以来、そこまでのスパイシーフードを食べてなかったという事を
今日の昼に思い知る事になる。
みんなでマッサージスクールのランチに行く、食堂で、今日は
スイカシェイクとヤムウンセン(春雨サラダ)を食べた。
このヤムウンセンが。。。尋常じゃなく辛かった。
いやあ、甘く見てました。すいません。

それにしても、タイに着て以来、西洋人に混じってマキコ一人という団体で
食堂に行く事がほとんどだが、そうなると誰一人タイ語が喋れる人はいないわけで、
そうなると、ウエイトレスさんたちは必死で「私」に話かけることになる。
「顔が似ている」から、どこか通じるのでは?と
わらをもすがる気持ちなのは良く分かる、
良く分かるが、どうしてもあげられない。
せめてもと、タイ語で注文できる料理を頼む。
「ヤムウンセン」と言った時の彼女のほっとした笑顔は忘れられない。。。。
[PR]



by aka_pro | 2008-01-30 19:13 | タイの日々

29/01/2008

d0059556_185816.jpg


これ、マッサージスクールの教室です。
メインティーチャーはワンさん。小柄な黒髪のタイ女性。
サブティーチャーはヤンさん。マッチョなタイの青年。
二人ともかなりキャラ立ってます。

そして生徒は私を入れて11人。フランス人率高し。後イタリア人、ドイツ人、
アルゼンチン人、イギリス人、日本人となります。

ビギナーコースのくせに、私と一人のフランス人以外、リピーターということ。
先生の説明を受けて、その後実際にやる段階で、既に頭がいっぱいの私に比べ
復習的なリピーターたち。初日から正直焦りました。

毎日朝から夕方まで、みっちり2週間習います。
久々の学校生活に、ぴりりと身が引き締まります。

あー覚える事いっぱいー!!頭パンクー!!
[PR]



by aka_pro | 2008-01-30 19:04 | タイの日々

28/01/2008

d0059556_18481999.jpg


バンコク女子。です。フェンスの反対側から隠し撮り。
タイは、なんだか学校が多いように感じるなあと
初日から思っていましたが、よく考えれば「制服」がそういう気に
させるのでしょう。
オランダ制服ないし。
勝手に納得。

28日月曜日は怒濤の一日でした。
まず前夜公演を終えて、タイ、マカオのダンサーたちと祝杯をあげ、
パッキングして床についたのは、1時半。で、私を迎えるタクシーが来るのは
早朝4時!無理矢理2時間寝て、同室のエレンを起こさないように起きて、
タクシーにてドンムアン空港へ。
国内線で、チェンマイに行きます。

何故に、こんなに早いフライトなのかというと、
月曜日スタートの「タイマッサージスクール」に入学するから!
9時の開始に間に合うには、これしか無かった。

早朝のチェンマイ空港は、蚊がいっぱい、そして乗ったタクシーは
超油臭い。時差ぼけ&寝不足&疲労のマキコはどうなる事かと思いましたが、

なんとか学校に着き、初日を終え、ついでにゲストハウスにも到着し、
シンハービールを飲み干し、死んだように10時間以上寝たのでした。

まだ出だし。
[PR]



by aka_pro | 2008-01-30 18:56 | タイの日々

27/01/2008

今回は、Magpie がフェスティバルに招聘されて、
ワークショップ(2日間)、公演(3公演)バンコクに来た。
フェスティバル自体は1ヶ月に及ぶものらしいが、今週末の演目は、
私たち以外は、韓国のグループとマカオのグループ。
私たちの演目は2つ目なので、どうしても両方ともみれないけど、
マカオのグループの子たちは、本人たちも疲れているだろうに、
ワークショップにも精力的に参加してくれた。

ものすごいエネルギー。
やったこともとても喜んでもらえたようで本当に良かった。

正直、時差ぼけの体に詰め込み過ぎの日程だけど、いろいろな事がうまく行っている。
嬉しい。

そして、なぜか今年は今まで縁のなかったアジアのダンサーたちと仕事を
させてもらう機会があるのが、本当に嬉しい。
この間アムスでMagpieとプロジェクトをしたTrust Dance Company(韓国)しかり。
この経験で得た事は、近いうちに書き留めておこうっと。

まずは今夜の最後の公演をしっかりやらねば!

d0059556_19393072.jpg


写真は、劇場の敷地内にある幼稚園のお昼寝風景。
な、懐かしすぎる。
みんなお揃いのパジャマで寝ています。
[PR]



by aka_pro | 2008-01-27 19:40 | タイの日々

26/01/2008

d0059556_19281567.jpg


タイのご飯は、ほんと思った以上に口に合う。
米だし。スパイシーだけど、野菜いっぱいだし。
いっつも写真撮ろう撮ろうと思っても、食べるのに夢中で、
忘れてしまう。

せめてもと。
[PR]



by aka_pro | 2008-01-27 19:30 | タイの日々

25/01/2008

本日は、公演初日。夕方のステージの割当と8時スタートの公演までは
特に何の予定もない。
ぐっすり眠った寝起きに、昨日見つけた、生茶をすっきりごくごく飲もうと
うきうきしていた。

これです。

d0059556_9481111.jpg


ところが!

甘い!

当然のごとく、加糖。
いやあ、タイは加糖天国とは聞いていたけど、そうかあ。
日本の商品名を使っていても加糖なのですね・・・

気を取り直して、朝からマッサージへ。
近所の美容院みたいな所で、通りすがりに気軽に受ける。
フットマッサージ、タイマッサージ、オイルマッサージが出来る。
ヘアカットも出来る。

私はフットマッサージ1時間600円也。

担当してくれた、ナミさんは、英語もふつうに大丈夫な元気な女の人。
まず最初の30分で彼女の元カレ(ドイツ人)のことは全て知った。。

ドイツ語も喋れる、息子がおかまちゃん(ゲイかどうかは分からないが、
たまに女装するらしい)のナミさんのマッサージはなかなか強いものでした。
[PR]



by aka_pro | 2008-01-26 09:54 | タイの日々

24/01/2008

タイ初日。
明日から3日間公演する、Bangkok Fringe Festivalの行われる、Patravadi Theaterへ。

Magpie からの5人は、飛行機チケットの関係で、
私とアンディーがマレーシア航空でクアラルンプール経由。
コリンとアレクサンドラがエルアル航空でテルアビブ経由。
エレンがキャセイで香港経由という、
ロイヤルファミリー並みの私たち。

あ、ロイヤルファミリーは「経由」しないですかね。

オランダ出発が午前の便なので、なかなか飛行機では眠れず、結局寝不足のママ
初日を終える事になった。

でもご飯うまーい、やすーい。
小道がすごいおもしろーい。
タイ語全然わからなーい!

微笑みの国。国民の倍ぐらい微笑んでやりすごしています。
[PR]



by aka_pro | 2008-01-24 22:51 | タイの日々

タイに行きたい!

で、明日からタイです。
マグパイバンコクツアー&秘密の修行に。

実は人生初のアジア旅行。
日本以外のアジア初。
ドキドキしています。
[PR]



by aka_pro | 2008-01-23 06:55 | 日々 amsterdam

思い出のおにぎり

d0059556_1750206.jpg


最近とんと、米食い虫です。
実家を離れた18歳以降の長い人生の中でも
ダントツトップで米を食べています。
オランダ生活、結局お米を炊いて食べるのが、
パンやらパスタやらより断然安いのが理由の一つ。
そしてやっぱり、好きなのですよ。お米。
トルコ米に、赤米や黒米を混ぜて炊いています。

おにぎりも、よく握ります。

しかし、先日私とした事が。。。

おにぎりを一口齧ると、
ぷ〜んとなにやら、違和感のある匂いが。。。

おにぎりが化粧臭いのです!
最低です。
普段お化粧をしないのですが、どうやら寸前に塗ったボディーローションが
手は洗ったのですが、手首あたりにでも残ってたんですかね?

「おふくろ系の味に混じる、化粧っぽい匂い」は
いっきに私を小学校時代に引き戻してくれました。

基本的に私が子供の頃は、給食以外食べる食事のほぼ100%が
自分の家の味でした。そんな中で、ほんとうにごくごくたまに、人の家で
ご飯をよばれる事があって、そういう物ってなぜかものすごく強烈に
印象に残っていたりする物です。

昔、友達の家で食べたおにぎりも然り。

お母さんが喫茶店を経営している友人の家で、おにぎりを食べました。
記憶に残るおにぎりは、白くて、大きくて、三角で、もしかしたら喫茶店の
メニューにもあるのでしょうか?うちの母が作るおにぎりより立派に見えました。
けど一口齧ると、強烈に「化粧」の匂いが鼻につくのです。

当時、田舎の、ほっぺの赤い、バリバリおぼこい小学生でしたが、
一瞬にして、おにぎりにへばりつく「女」を感じてしまい、
気持ちがムギュ〜となったのを今でも覚えています。
誰にも言えずに、ただ黙々と食べきったんじゃなかったかなあ。

赤いマニュキュアが塗られた手で握られたというビジュアルの記憶は、
果たして本当に見たのか、匂いの刺激が勝手に作り上げたものなのか。
20年以上も前の事なので分かりません。

「女」というか「昭和」というか「生活」というか。
純粋な「食べ物」に付着したものを強烈に感じてしまった経験でした。
背徳感みたいな?おおげさか?

別に、ものすごいストイックに「体に悪い物は駄目!」みたいな家じゃなかったけど、
今までの人生、真緑のクリームソーダを飲んだのも、その子の家でただ一度きりでした。

まあね、これからはおにぎりを握る時は、今まで以上にしっかり手を洗いますよ。
将来子供でも産まれたら、やっぱし、あの「背徳感」みたいな物は、
家じゃなく、外でひっそりと強烈に体験してもらいたいなあと思ったりするからです。
[PR]



by aka_pro | 2008-01-21 18:11 | 日々 amsterdam

アカプロのブログ
by aka_pro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧