アカプログ

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧




空気で感じる

今の家はテレビが無い。
いや、正確にはテレビはある。テレビの契約をしてないので、
テレビは倉庫に座っている。

時は、Eurocup2008真っ最中。

もっぱら戦況は、「空気で感じている」。

先日も、あの涙のオランダ準々決勝敗退の日。
久々にナタンニャの家でディナーをごちそうになって、
1対1で延長になった時点で、涙を飲んで帰路についた。
自転車で帰る道すがら、試合の成り行きを想像するわけだけど、
花火が上がったのを感じて、
「すわ!オランダ入れたか?」と興奮したり、
道行く人の表情をじーっとみて、「なんか静か?」と不安になったり、
最終的に家の近所のカフェで、店の人がオレンジ(オランダの色)のデコレーションを
外しているのを見て、負けを確信。
いやしかし、その後の街は何とも静かでした。

そして今夜は、トルコ=ドイツの準決勝。
私の家はアムスの中でも、トルコ人やモロッコ人の多い地域で、
前回もトルコ戦の時は、戦争か祭りかという凄さ。
今日はオランダ語のクラスの後帰宅途中に、家に近づくにつれ、
警察の数が激増しているので、「ああ今日は来るな」と。

テレビが見れないけど、耳をこらしていると、意外に的確に戦況が分かる。
あ、今ドイツが点を取ったな、あ、トルコ追いついたな、とか。

空気で感じるヨーロッパカップ。

あーでもこうなったらロシア対トルコのユーロカップ見たかったなあー

あーでもオリンピックまでにテレビの契約したーい。したーい。
[PR]



by aka_pro | 2008-06-26 06:25 | 日々 amsterdam

ここに

実は先々週末、超格安航空券を手に入れて、
ここに行っていました。
こういう看板があるところ。

d0059556_33566.jpg

d0059556_34672.jpg


え?分かりにくい?
じゃあこういう景色がある所です。

d0059556_351250.jpg


しかも、人々が額を付き合わせていたりします。

d0059556_384521.jpg


そして、航空券以外は何せ物価が高かったです。
とてもじゃないけど、何も買えません。
買わなかったけど駅前のスナックショップのピザが2000円してました。
普通のファーストフードですぜ。

で、正直財布の紐がガッチガチだったのに、
金銭感覚が麻痺しているのか、なぜか反動でかってしまった、
唯一のお土産(自分の家用)。よく考えればけっこう高い。。

d0059556_3112598.jpg


でもすごいかわいい。鍵ケース。ぱっくり開けると山ほど鍵が入ります。
アムスに来てから鍵大名の私。埋めるのが楽しみです。
今は空いた所に、微妙な人形がぶら下がっていたりします(非公開)。
[PR]



by aka_pro | 2008-06-25 03:16 | 日々 amsterdam

カドーチェ

d0059556_3172136.jpg


オランダ語で「プレゼント」のことを「カドー」っていいます。
でオランダ人は何でもチェをつけて、かわいい感じに呼ぶのが好きなので、
ビールはビアチェ、机はターフェルチェ、ナインチェ(ミッフィー)も「うさこちゃん」という意味で、チェ。正直なんでもいいそうです。マキコチェとかもあり。
で、カドーチェってのは「プレゼント」のかわいい言い方。

今シーズンラストのWonderland は、願いも空しくピーカンの日曜日だった。
タダでさえ晴れた日のオランダ人は外に行きたがるし、この日はフェスティバルシーズンで町中で子供イベントがあるという、最悪のコンディション。
心配で心配で準備だけで既に疲れ果てていました>気が小さいから〜

ところが!
開演の4時を待たずに続々と来るお客さんたち。
結局過去のwonderlandの観客数の子供の数はトップだったのではないかな。
ものスゴーーーーイ嬉しかった。

そして内容も。
さすがのマイケルとさすがのリリーと私のダンス。
さすがのマライエのタップダンス、さすがのイボさんのコンピューター。
さすがのエレンのライトと、後は素敵な子供たちのおかげで、
今までにないベストなwonderlandになった。
正直、満足通り過ぎた。
こんな事なかなかない。

前にも書いた、常連顧客のイアンテがまた今回も来てくれた。
恥ずかしそうに、画用紙を渡してくれて、そこにはなんと馬の絵が!
Wonderland でよく馬のかぶり物をしているのだけれど、彼女は
最初はそれがとても怖くて、でも何回も見るうちに打ち解けて来て、
今回は、
「(私に)本当の馬はどういう形か教えてあげたい」とお母さんに頼んで
馬の絵を描いて(多分おかあさんが)、色を塗って、各部位の名前を
オランダ語で書いてくれたのだ!

なんかねえ、こんなのね、素敵すぎますよ。
素敵な贈り物すぎますよ。
公演中は、しっかり舞台の壁に貼って、終わったら大事に持って帰って
部屋に大事に飾るのだ。

イアンテたちは、9月から6ヶ月バルセロナに行くという。
「しばらく来れない」というのがもの凄く残念。1年も立てば
彼女ももの凄く変わるだろう。
Wonderland をやる特権の一つは、子供たちの成長変化まで見れちゃう事かな。
体の変化もそうだけど、興味の変化、恐怖心の変化。

おおくのお客さんから、「次はいつ?」「毎回こなきゃ!」と聞かれた。
これも私にとっては素敵なカドーチェ。

は〜ようやくここまで育ったかあ、Wonderland。感慨深い。

ちなみに追記。

これ。

危険人物。
d0059556_0162571.jpg
[PR]



by aka_pro | 2008-06-13 03:48 | dance

コーヒー飲むのか飲まないのか白黒はっきりしておくれ

これ。

私はコーヒーを飲んでも、こてっと眠れる。
でも夜飲むコーヒーはそんなに好きじゃないので、
一番美味しいなあと思える朝に飲む。

思えば夜の様に真っ黒な飲み物である。

では、黒い食べ物といえば、

コーヒー
海苔
黒豆
キクラゲ
黒ごま
イカスミ
ひじき
ようかん

全部好き。
ちなみに、もし転職するなら、昔から「羊羹屋の売り子」に憧れがある。
ガラスケースにならんだ黒光りする羊羹を見て一日過ごすの。おほほほほ。

そうそうそういえば昔ネットで、こんなの見ました。
何事もいい感じの分量ってあるな。
コーヒーなら美味しい一杯。羊羹なら角のしゃっきりした一切れ。

ちなみに、コーヒーは牛乳入りも好きだ。
私の中で「黒」といえばブラックコーヒー、「白」と言えば牛乳入り。
コーヒーフレッシュは不可ですので、どうぞよろしく。

羊羹にも牛乳あうね。
海苔には白いご飯。
イカスミは黒いけどイカは白い。
黒ごまと言えば白ごま。
黒キクラゲといえば白キクラゲ。

白と黒って仲良しね。

そんな今日の頭の寄り道小道でした。
[PR]



by aka_pro | 2008-06-06 06:10 | 日々 amsterdam

ツルにまつわる説

今年はいやあよく鶴を折りました。
この冬から始めた、オランダ幼稚園での出前パフォーマンスの
演目で、15分のダンス作品の中に、踊りながら鶴を折る内容も
織り込んだので、出前に行く日は、6羽とか折る。

賞味3分の曲の中で、踊りながら鶴を仕上げると、
大抵の幼児、そして先生からため息が出る。
真四角の紙が、変な日本人が踊るうちに、「鳥」になるというのは、
ある意味、マジックショーを見ている気分になるようだ。

最近気がついたことがあるけど、子供向けのパフォーマンスをする場合、
一緒に居る大人にも楽しめる様にしておく事が成功の秘訣のような気がする。
この鶴が出来上がる瞬間に、子供より大きなセンセイたちのため息が上がる。
子供は、信頼している大人(親とか先生)が楽しんでいる事を
的確に感じて、より安心して楽しめる。

説好きの私に言わせれば、
「将を射んとせば先ず馬を射よ」説である。

カップルの男性の方に物を買わせる場合も、連れの女性の琴線に
触れる事が大事だ。
スーパーの試食コーナーでも、子供に爪楊枝の刺さったハムを
くわえさせる事が出来れば、将(母親)は嫌々ながら買うかもしれない。

今日も朝から5回公演を終えて、自転車でキコキコ帰る道すがら、
そんな事をぼーっと考えていた。

訪ねた幼稚園のクラスには、折られた折り鶴をプレゼントとして置いて行く。
たまにその幼稚園の前を自転車で通ると、窓際に飾られていたりして、
ほっこりするのですよ。
[PR]



by aka_pro | 2008-06-02 21:11 | 日々 amsterdam

おうちにお邪魔

オランダに来て増えた事。
人の家にお邪魔する&人がうちに来る。

友達とかと食事するのも、外食ではなく、相手の家かうちか、
はたまた食べ物持って公園か(天気のいい日限定)。

それはアムスが小さくて、友達のほとんどが自転車圏内に住んでいるという事と、
外食の「コストパフォーマンス」が著しく低い事に関係している。
東京なんて、みんなバラバラの駅に住んでいるし、
外食の方が安かったりするし。

みんなもてなし上手だ。ホストも気張らないから居心地がいいし。
昨日も友達の引っ越し祝いの恒例「ハウスウォーミングパーティー」に
行って来た。友達の友達で、よく誰か分かんない人も勝手に飲み食いして
楽しんでいる。
私はまだまだ日本人気質ではあるけど、食事時の思わぬ来客には、
慌てず騒がず、そっとみそ汁の水量を増やして対応する術を身につけた。

そんな「家に呼ぶのが大好き」オランダ。
先週末おもしろいイベントに行った。
アムスから30キロくらいから離れた街de Rijpにすむハンベニックの
ご招待を受け、彼も参加する「Kunst op kamers」に行って来た。
kunst =アート
op = at
kamer=部屋
の名の通り、街の普通の家にアーティスト毎の作品が展示され、地図を片手に
「ごめんくださーい。アートミシテクダサイ!」と訪問する。
ついでにお庭も拝見してみたり。

とーってもたのしかった。

ハンベニックも在住アーティストとして、彼の家から歩いて5分の倉庫みたいな場所で
日に6回のコンサートをしていた。

d0059556_54014.jpg


かっこよすぎ。いくつだ?あんた?
すごい人は年を取って老けずに、化ける。
化け物一匹みーつけた!
[PR]



by aka_pro | 2008-06-02 05:42 | 日々 amsterdam

アカプロのブログ
by aka_pro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧