アカプログ

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧




ここ

スピリチュアルアニマルに会ったのは、ここです。

d0059556_1443267.jpg


アムスからタリスとフランス国鉄と、バスとボートと徒歩で到着。

ちなみに、首謀者シャーマニストシルちゃんは彼。

d0059556_1454670.jpg


ちなみに後ろに居るのは、シルちゃんのお兄ちゃん。トラック野郎だそうです。

そして、スピリチュアルアニマルダンスのあとは、
炊いた火を囲んで、8人で順番に火の番をし、15分毎に起こされます。
私も4回くらい火の番が回って来て、最後のときなんて、
後ろの海岸が、まさかの満潮で!、火の番っていうより、
水の番してました。朝方のドロドロのみんな。

d0059556_1505256.jpg


手前の緑の花模様の寝袋が私のです。
間違ってコドモ用の買っちゃいました。でもさすがオランダ産。
コドモ用でも大丈夫です。

そして、シルちゃんとシルパパの手作りトイレ。

d0059556_1522471.jpg


中は穴と板です。
最初の3日は体が拒否しましたが、人間そのうち慣れます。慣れって凄い。

でもアムスへ帰る途中によったパリのカフェのおっきれいなトイレでは、
思わず体が喜んでいるのを感じてしまいました。
ワイルド生活。1週間は限度かな。
[PR]



by aka_pro | 2008-08-23 01:54 | 日々 amsterdam

スピリチュアルアニマル

実は内緒にしていましたが、
先月、マグパイきってのシャーマニストシルバン主催の、

「右脳開発プロジェクトーシャーマニック体験へのアプローチ」@フランス小島

に参加してました。
期間は1週間。シルちゃんのパパの住んでいるフランスの島で、
手作りトイレに手作りシャワーのワイルドキャンプ体験でした。

参加者の、「シャーマニズム」に対する興味は人それぞれ。
詳しい人から、私のような「あると思うけど、私はそれをする人ではないだろう」という
ような、ひと事派まで。

午前中は灼熱の浜辺でヨガをしたり、時には海で泳いだり、
そして午後には、いろいろな文献から情報を得て、
シャーマニック体験を試みるわけです。
夜には、みんなで一列になり、真っ暗な森の中をパワーウオーク。
私はほとんど目を閉じる事はできませんでしたが(推奨される)、
森の一番真っ暗な場所では、目を開けているにも関わらず、
前の人が見えなくなるという、瞬間も経験しました。

「行き先の分からない所へ行く」nowhere な感覚は、ちょっと特別でした。

そして、メインイベントとも言える、浜辺で火を焚き朝まで起きてる行!
深夜浜辺に行き、火をおこし、
まずは「スピリチュアルアニマルダンス」

二組にわかれ、一組がマラカスや太鼓でスピリチュアルを高める演奏をし、
もう一組は、自分の「スピリチュアルアニマル」を呼び出し踊るというもの!
正直、最初の組でシルちゃんが、突然「トカゲ」っぽくなって動き出した時は
どうしようかと思いましたよ。ほんまに本物っぽかった。

というわけで、ここまで来ても今一信じきってない私。
というか、「シャーマン体験」はおいそれと私のような物がやるもんではない!
という気持ちなのです。
「畏れ」「敬う」気持ちです。

しかし順番は回って来ます。

もうええわー。何も動かんでもいいわー。
嘘ついて適当に動くのやだしー。

と太鼓の音に身を任せ、海風を感じていました。

すると!海風に身を任せているうちに、体が少し少し揺れ始め、
「あ、気持ちいいなあ〜この動き」と思っていると、どんどん動きが
勝手に発展していって、なんだかものすごい動いていると言う状態に。
頭は覚醒しているので、シルちゃんが必死に私がたき火に突っ込まない様に
横でフォローしてくれているのとか覚えているわけですが、
何とも不思議な経験でした。

あとでシルちゃんに、「すごいいい踊りだったよね」と言われ。
彼と話しながら分かったのは、信じてなかったとしても、
その行為を「馬鹿げた事だ」とか「意味が無い」とか、
批判する思考には一切ならなかった事が、何より一番良かった事かなと。

あれが、私のスピリチュアルアニマルだとすれば、それは海の生物っていうか、
クラゲっぽいものだったと思うけど。(酔っぱらいのおやじダンスでもあり)
まあ実際、本当かどうかはどうでもいいわけで。

「なんか生き物っぽい」動きが出来たということが何よりの収穫。

ダンスは体と心が両方絡まるもので、時にこういう「生き物っぽさ」を
きちんと取り戻すことが大事だったりすると思うのです。

そんな夏休み。
[PR]



by aka_pro | 2008-08-22 18:17 | dance

ツバサを下さい

肌寒いアムステルダムです。

さてヤクルトです。
最近めっきりヤクルト飲んでないですけど、
オランダでもヤクルト売ってます。ヤクルトライトも。
結構良い値で売られているため、買った事がありません。

そんなヤクルトを飲んだ時に口に残るあいつのことは、
ヤクルト以上に忘れていました。

以下ヤクルトサイトより。

Q ヤクルトを飲んだ時に口の中に固まりが残ることがありますが、これは何ですか。

唾液中の「ムチン」という成分と乳たんぱく質(カゼイン)が混ざりあい、固まった状態になることがあります。特に幼児は「ムチン」の量が多いためそのような現象が多くみられるようです。しかしながら、乳たん白の固まりは飲み込んでも胃酸で溶けてしまいますので、心配いりません。

※ムチン:消化管などの内腔を覆う粘液の主要な糖たんぱく質(やまいも、なめこの粘りも同様の物質) 

ムチンです。
そういえばむかーしむかしそういう事があったような。おぼろげな記憶。

しかし注目すべきは、

特に幼児は......

ここですよ。
要はあれですよ、幼児から遠ざかって久しい私のムチンはいかがなものか?という話です。

9月ちょびっと帰国します。
チャレンジ!ムチン!
[PR]



by aka_pro | 2008-08-20 02:46 | からだのこと

アカプロのブログ
by aka_pro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ファン

ブログジャンル

画像一覧