アカプログ

<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧




至福のとき

4月になった。忙しい。明日からはまたまた忙しい。
そんな4月。母が送ってくれた小包が届いた。
家で作った切り干しやら、せんべいの入った箱を最も占めていたのは、
本。本。本。
今の時代、アマゾン様様ですよ。
本屋に行けない欲求不満は、アマゾンでのクリック→実家に送りつけることで解消される。

それが、届いたのだ。
しばらく、一冊も読めない。
家に、まだ読んでない新鮮な本がいっぱいある喜びを噛み締める。

そして2日くらいたって、少しづつ解禁して行く。あー至福。

夕方ご飯を作りながら読むのは最新刊のクウネル。
まずは斜めよみ、記事の詳細は読まない。わざと「読み残す」。
そうすると、何ヶ月後かのこの夕方の時間に、思わず嬉しくなるから。

でも今日は、切り干しと人参のなますを作りながら、クウネルの終わりにある川上弘美氏の短編を読んだ。
今までもこのページは好きだったんだけど、今日は何故かその理由がすーっと分かった。
短編は4ページ。2段組みでイラストともに展開される物語は、その4ページの中で、始まって、「一応」終わる。
普通小説を読むと、今自分が物語のどこに居るのか正確には分からない。
そして眠くなったらいつでも物語の一時停止ができるのが、本という分野の素敵なところなんだけど、
この4ページは、あまりにも短く、まるでパフォーマンスの時間感覚を味わえる。
知ろうと思えば、自分がその時間のはじまりに居るのか、終わりに居るのか分かる。
4ページしかないし、2段組みだし、上段下段に居るかは大きい。
そして、瞬間瞬間の鮮度も高い。

今月またBBを再演した。BBは赤ちゃんへのパフォーマンス。上演時間は30分。
男女ひとりづつのダンサーとチェロとヴィオラの二人の音楽家と赤ちゃん。
30分の物語は毎回違うけど、その30分はそこに居る人たちとの時間のはじまりがあって、
終わりのような物がある。

ある終演後、一緒にBBを踊り終えた赤ちゃんのお母さんに彼の年を聞くと10ヶ月だという。
1年前ここでBBを初演したときにはこの世に存在しなかった彼が、今ここにいるということ。

いやーありがたいとしか言いようがない。

そんな事を噛み締める至福の時。
[PR]



by aka_pro | 2012-04-16 03:00 | 日々 amsterdam

アカプロのブログ
by aka_pro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧