アカプログ

演奏時間639年

ネットをふらふらしていたらものすごいのを見つけた。
「演奏時間639年」詳しくはここ

ジョンケージの「ASLSP(アズスローアズポッシブル/出来るだけゆっくりと)」という
オルガン曲を、ドイツのある場所で、639年に渡って演奏されるんだって。
しかも、その曲は最初のパートが無音であり、プロジェクト開始から1年半!!無音
だったらしい・・・それが5年目の今年ようやく2つ目のコードに移ったとのニュース。
ちょっとすごいね。
全ての演奏を聞ける人間はいないというのも面白いし、録音しているんだろうけど
それを聞くのにまた639年掛かるというのもすごい話。

時間の芸術である音楽にとって、どんな音が出ているかという事ももちろん重要だろうけど
どれだけの長さそれが続くかという事も非常に重要であって、つまり正確に1年半の無音は
その曲の為には必要な長さなのだなあと。
音楽を楽しむというよりは、そういう世界のロジックを知って楽しむというほうが近いかな。

いつか聞いてみたい。出来ればコードが変わる瞬間を聞きたいような、
でも逆に延々と変わらないのを聞いてみたいような。
[PR]



by aka_pro | 2006-01-08 22:04 | おすすめ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧