アカプログ

バックナンバー①

アカプログを始めるずいぶん前に、
・・・・・・もう4年位前になるのかな?書いてた文章。
その中で久々に読んで好きだった奴。
バックナンバーシリーズ。

********人と遊ぶ事********

4月ですね~。大学を卒業してからこうしてやくざな生活をしている私ですが、
結構新学期・新学年を意識するものです。
というのも、大学時代から続けている「体操教室」での仕事というのが、
否応なく学校システムと対応しているので、3月には卒業、4月には新学期と
なんとなく学生時代の感傷に浸れたりします。
ただ恐ろしいことに、幼稚園入園から見ていた子達が小学校も卒業していく・・・
自分は何も変わっていないつもりなのに・・・きっと私より若いお母さん率も
着々と上がっていることでしょう。

  前置きは置いといて、今日は本年度のスタート。
花冷えの昼下がり、まだまだこじんまりとした人数でクラスが始まりました。
最初のクラスはわけ分からない3歳児から年長さんまでのクラス。
今日は一人のニューフェイスを迎えて
「体操座りとかお母さん座りとかお父さん座りとか赤ちゃん座りとか・・・」
やっていました。
このニューフェイス、ゆうなちゃんといって前からお姉ちゃんは体操をしていました。
彼女は基本的に運動神経もよく初めてのクラスにも良く馴染む、
そういう意味では手のかからない子でした。
 
 普段、子供たちはいろいろな「お話」をしてくれます。
それも何の脈絡もなく、
そのとき本人が思いついたことを「あのね、あのね、」と話してくれます。

  で今日のゆうなちゃんも、初対面に関わらず私に話しかけてきました。

     ゆ「あのねおうちに眠っているくまがいるの」
     私「へえ。くまさんは起きないの?」
     ゆ「うん。眠っているくまが好きなの」
     私「へえ。」
     ゆ「ペンギンもいるんだよ」
     私「ペンギンは起きてるの?」
     ゆ「うん。立ってるんだよ」
     私「へえ。」
     ゆ「でもね、くまもぺんぎんも喋らないんだよ」
     私「ああそうだね」
     ゆ「喋るのはね、ゆうなだけなんだよ」(いかにも普通に)
     私「・・・・・・」

  おかしいねえ。おまえはぬいぐるみと一緒かい!
っと突っ込みを入れるのは甘い甘い。そう一緒なのよね。
子供にとってぬいぐるみも「一緒に遊ぶ相手」として認識されてて、
だからこそ真剣に遊べるんだろうな。

  そう「一緒に遊ぶ」基本は、遊ぶ相手が同等であると認識すること。
同等であるとは決して同じ能力を意味しないということ。
「ぬいぐるみであろう」と「眠ったままであろうと」「喋らなくても」一緒に遊べる。

  大人になるとこのシンプルな感じがなかなか起こらなくなったりするのかしら。

  勝手に「なんか深い・・・・」と思った彼女の発言。
[PR]



by aka_pro | 2006-07-10 20:25 | 日々 japan

アカプロのブログ
by aka_pro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ファン

ブログジャンル

画像一覧